我休GAKYU

メニュー
ホーム > 特集 > 火災で燃え残った木材から釈迦如来を彫像する > 彫刻が進みお姿が見えだしてきました

少しづつですが彫刻が進みお姿が見えだしてきました。
仏様の彫刻は儀軌(決まり事や規則)に従って進めていきます。
ですので賽割法といってマス目を描き、それをもとに手の位置や顔の大きさなどくるいが出ないようにしていきます。
もちろん刀を入れると消えるので 消えては描き、を繰り返します。
こうして制作しても どうしても個性が出ます。
そこが仏像彫刻の奥深さであり、おもしろいところです(^^)
今回燃え残った木材から彫像するということですので 木がどう暴れるのか予想がつかないこともあり 実は2体同時に制作しています。
万が一、1体に割れなど入った場合 もう1体の方を納めさせてもらえればと思っています。
完成にむけて一刀一刀想いを込めて彫り進めていきます〇

仏像・位牌の彫刻・修復、木彫に関するお問合せ

075-202-2292

平日9:00~17:00(定休日:日祝)宮本工藝

メールでのお問合せはコチラから

メールは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

Profile

宮本 我休GAKYU MIYAMOTO

京都生まれ。 学生時代に服飾を学び、卒業後京都の仏像彫刻工房にて仏像の彩色を手掛けたことをきっかけに仏像彫刻の世界に入る。 9年間の修行の後、平成27年4月独立。 京都・西山に工房を構え「宮本工藝」を設立し、日々仏像・仏具、 その他木彫刻全般の研究、制作に励む。 学んだ服飾技術を活かし、リアリティのある衣文表現を得意とする。(京もの認定工芸士認定番号第128号)

お寺で体験!一日だるま彫刻教室!
だるま彫刻教室
キット販売中!!
上へ戻る

GAKYU MIYAMOTO

閉じる