我休GAKYU

メニュー
ホーム > 新着情報 > 弥勒菩薩像の鑿入れ式にむけて〇

静岡県の日蓮宗寺院・法典寺様からご依頼いただき納骨堂の象徴仏として弥勒菩薩様を彫らせていただきます。

その鑿入れ式が今週末にせまり、材の製材とお姿を描く作業を行いました〇

鑿入れ式とは造佛の無事を祈願して行う法要で、仏様と結縁(けちえん)を結んでいただくよう関係者の方々に鑿を一刀づつ入れていただきます。

使用する材は木曽檜。とても美しい木肌に弥勒様を現していきます。

実際に彫っていくとすぐに絵は消えてしまいますが、法要に参列いただく方々に仏様のイメージを持っていただけるようしっかりとお姿を現しました〇

この納骨堂は仏様の背に富士山がくるように設計されています。

なんとも贅沢な光背ですね(^-^)

富士山の迫力に負けてしまわないよう弥勒様もしっかりとした体躯にし、威厳のある美しいお姿を現そうと思っています〇

仏像・位牌の彫刻・修復、木彫に関するお問合せ

075-202-2292

平日9:00~17:00(定休日:日祝)宮本工藝

メールでのお問合せはコチラから

メールは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

上へ戻る

GAKYU MIYAMOTO

閉じる