我休GAKYU

メニュー
ホーム > 新着情報 > 制作・修復 > 本尊釈迦如来像の開眼〇

開眼とは仏像に眼を描き入れることを指します。

頭髪には岩絵の具を使い、眼、眉、髭を描き入れていきますが、こういった木地仕上げの御像の開眼は修正が効きにくく、ヒリヒリとした緊張感の中で作業を進めます。

白毫と肉髻珠もしっかりと入り、イメージ通りに仕上がりました〇

やはり眼を入れると命が吹き込まれたように仏としての生命感を感じますね(^^)

これから最終調整をし、細く切った金箔を文様になるよう貼り付けていく伝統技法”截金”を施していきます。

完成が今から楽しみです☆

【宮本工藝制作実績】http://gakyu.jp/works

 

仏像・位牌の彫刻・修復、木彫に関するお問合せ

075-202-2292

平日9:00~17:00(定休日:日祝)宮本工藝

メールでのお問合せはコチラから

メールは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

上へ戻る

GAKYU MIYAMOTO

閉じる