我休GAKYU

メニュー
ホーム > 新着情報 > お知らせ > 【仏像修復】玉眼(仏像の眼に水晶などをはめこんだもの)納入作業の話。
お知らせ

【仏像修復】玉眼(仏像の眼に水晶などをはめこんだもの)納入作業の話。

Related Posts

只今、賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)という御像を修復中ですが修復前はわからなかったのですがその御像には玉眼がはめこまれていました。

それを取り外した状態がこちら↓

玉眼というのは仏像の眼に水晶などをはめこんだもので顔の中をくりぬいて内側からコンタクトレンズのように作られた水晶をはめこみます。

そこにまた内側から目を彩色し、真綿を入れ、木で押さえつけて竹クギで固定します。

この方法は古くからある技法で非常に合理的で今でも同じようにするんですね。

いにしえの技術はやはりすばらしいものがあります。

ちなみに修復前はこちら!

江戸期の作と思われますが一度修復されていて、その時塗装を剥がさず上から厚く再塗装されていたので玉眼が埋まっていました…

玉眼を入れなおすとこの御像の本来の姿がよみがえってきました。

ここからは漆を塗る作業、塗師(ぬし)とよばれる職人さんの出番になります。この修復の様子は完成次第また報告させていただきます。

完成が楽しみです〇

仏像・位牌の彫刻・修復、木彫に関するお問合せ

075-202-2292

平日9:00~17:00(定休日:日祝)宮本工藝

メールでのお問合せはコチラから

メールは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

Category

Monthly Archives

Tags

お寺で体験!一日だるま彫刻教室!
だるま彫刻教室
キット販売中!!
上へ戻る

GAKYU MIYAMOTO

閉じる