我休GAKYU

メニュー
ホーム > 新着情報 > 制作・修復 > 文殊菩薩を支える獅子の顔が仕上がってきました。【僧形文殊菩薩像】
制作・修復

文殊菩薩を支える獅子の顔が仕上がってきました。【僧形文殊菩薩像】

Related Posts

文殊菩薩を支える獅子の顔が仕上がってきました。
静寂で凛と張り詰めた坐禅堂の中で辺りを威圧し、咆哮が響いてきそうな迫力を求めました。
それから獅子の底を内刳りしていきます。

こうすることで木の割れや歪みを防ぎ、表からは見えませんが 蚤跡を揃え、なるべく綺麗に仕上げます。
後世の方に雑な仕事は見せられないですから、職人の意地ですね(^^)
この後、仏身や細部の仕上げ作業、自分の得意とする衣の表現を追求していきます○

仏像・位牌の彫刻・修復、木彫に関するお問合せ

075-202-2292

平日9:00~17:00(定休日:日祝)宮本工藝

メールでのお問合せはコチラから

メールは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

Category

Monthly Archives

Tags

お寺で体験!一日だるま彫刻教室!
だるま彫刻教室
キット販売中!!
上へ戻る

GAKYU MIYAMOTO

閉じる