我休GAKYU

メニュー
ホーム > 新着情報 > 制作・修復 > 創作仏具 払子【蓮】完成です〇

ご依頼いただき、寺院用の仏具である払子を制作させていただきました。

払子(ほっす)とは元々虫などを払う道具が仏教に取り入れられ後に法具となったもので、僧侶の方が法要や説法の時など威儀を正すために用いられます。

今回は柄の部分を蓮に見立てて彫刻しています。

蓮の花が散る「散華」も楠の一材から彫り出しています。

茎の部分にはブツブツとした蓮特有の形状も忠実に再現しています(^^)

柄の下の断面にはレンコン。

実際の蓮はこういう風にはなりませんが、ちょっとした遊び心を盛り込んでみました(^_-)

これはあくまで美術品ではなく道具ですので、日々の使用に耐えうるだけの強度を持たせて作っています。

いつも法具を作る際はこの点が一番難しいところではありますが、美観と強度のバランスを上手く取りながら制作するよう心がけています。

今回は木地仕上げですので、どんどん使い込んでいただいて独自の味を出していっていただきたいです(^^)

【宮本工藝制作実績】制作実績 | 京都の仏師 宮本我休(GAKYU ガキュウ)

仏像・位牌の彫刻・修復、木彫に関するお問合せ

075-202-2292

平日9:00~17:00(定休日:日祝)宮本工藝

メールでのお問合せはコチラから

メールは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

Category

Monthly Archives

Tags

お寺で体験!一日だるま彫刻教室!
だるま彫刻教室
キット販売中!!
上へ戻る

GAKYU MIYAMOTO

閉じる