我休GAKYU

メニュー
ホーム > 新着情報 > 制作・修復 > 創作仏具・花形几(はながたき)完成です〇

几(き)とは所謂机のことで正倉院の宝物にもこういった創作の几が多く残っています。

今回は塗師さんからの依頼で天板と脚の彫刻、仕上げの彩色をさせていただきました〇

脚になる部分は草むらからひょっこり顔を出したアルマジロを表しています。

折角の彫刻なので遊び心を入れつつ…(^-^)

天板が華やかなので脚の彩色は控えめに天板を引き立てるようモノトーンのぼかしのみで仕上げました。

天板には金工職人さんが植物文様に切り抜いた金物に色漆を塗りこみ七宝焼き風に仕上げています〇

塗師さんの新技術と私の彫刻で独特の風合いを持った花形几になりました。

【過去に制作した創作仏具】http://gakyu.jp/works_category/other

仏像・位牌の彫刻・修復、木彫に関するお問合せ

075-202-2292

平日9:00~17:00(定休日:日祝)宮本工藝

メールでのお問合せはコチラから

メールは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

上へ戻る

GAKYU MIYAMOTO

閉じる