我休GAKYU

メニュー
ホーム > 新着情報 > 制作・修復 > 阿弥陀如来立像が完成しました〇

今回は御身丈9寸(総高約28cm) お寺様の念持仏として制作させていただきました。

左足を一歩前に踏み出した来迎の御姿です。

使用した材は木曽檜。

木目が細かく美しい木肌、木曽檜の良さを最大限引き出し、細部まで綿密に仕上げました〇

阿弥陀様の衣紋は薄い衣が体にぴったりと張り付くような表現が特徴です。

そのため、緊迫感と威厳を兼ね備えた阿弥陀様を現すには極限まで身をそぎ落とさなくてはなりません。

阿弥陀様はお不動様のような荒々しい動きや観音様のような煌びやかな装飾はありませんが、ただただ静寂で飾り気のないたたずまいには稚拙な彫刻技量を誤魔化せるところがなく、数ある仏様の中でも特に難しい仏様の一つであると思っています。

手足指縵網相(しゅそくしまんもうそう)。

阿弥陀様の御手には水かきのようなものがついていますが、これは一切の衆生を漏らさず救い上げるためといわれています。

私は阿弥陀様を得意とした鎌倉時代の仏師「快慶」を崇拝し研究しています。

快慶が残した阿弥陀様は極限まで無駄をそぎ落とし、ひりひりとした緊迫感と威厳に満ちたそれはそれは美しい御姿です。

私もそのような阿弥陀様をいつしか現してみたいと思うのですがまだまだ道のりは遠いです(^^;

そして今回は思い切って身をそぎ落としていったのですが、やりすぎてしまいました…。

と思っていました。

完全に失敗した、と思いしばらく傍らに置いて日々眺めていたところ、なんとなく形が見えてきて彫り進めると端正な御姿が現れてきました(^^)

そうして仕上げきると静寂で美しい阿弥陀様が〇

こうしたことは度々起こりますが「失敗した!」と思うことは実はチャンスでもあるのです。

以前にも書きましたが、彫刻は砂場で遊んだ「棒倒し」のようなもの。

砂で山を作り、そこに棒をさし交互に砂を取り合って棒を倒した方が負け、とう遊びです。

彫刻に置き換えると、砂を少し取っただけでやめることも良し、残り一粒砂を取ったら棒が倒れるというところでやめるも良しです。

快慶が残した阿弥陀様のような美しい御姿を求めるのであればやはり後者。

無駄をそぎ落とした仏様を目指すには一刀の狂いが命取りとなりますが、いつしか至高の仏を現すべく果敢に挑戦していきたいと思います。

本当に仏像彫刻は奥が深い…。

【宮本我休制作実績】制作実績 | 京都の仏師 宮本我休(GAKYU ガキュウ)

 

仏像・位牌の彫刻・修復、木彫に関するお問合せ

075-202-2292

平日9:00~17:00(定休日:日祝)宮本工藝

メールでのお問合せはコチラから

メールは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

Category

Monthly Archives

Tags

お寺で体験!一日だるま彫刻教室!
だるま彫刻教室
キット販売中!!
上へ戻る

GAKYU MIYAMOTO

閉じる